海外製品を個人輸入【消費者庁・通達】で購入する時の注意点

2019年8月の消費者庁から個人輸入における注意点についての通達があります。(参考URL

近年における「個人輸入」とはインターネットを海外から「個人」使用を目的として海外製品を購入する方法です。

個人輸入の懸念する問題点としては、ある程度は認識されているとは思いますが、以下のような情報が消費者庁に届いている。

以下のようなリスクを理解した上で、信頼が出来る業者からの購入を第一に考えてください。

「取扱説明書」が日本語ではない。

英語や中国語ならまだしもアラビア語、ヒンディ語などマイナー言語であると少なくない方が解読不能となる。
しかも、説明書などが不十分であったり注意表記なども無かったりする。

「粗悪品、模造品」で品質が海外基準

本物として購入したが、粗悪品で直ぐに壊れた、化粧品や医薬品で皮膚に障害が起きたなど、商品欠陥がある。または、既にリコールされている商品のはずだが返品が出来ない。

個人輸入はインターネットで容易に購入が出来る反面、製品に問題があっても「返品や交換」手続きも煩雑であったり、売り手も不誠実な対応であるなど「日本基準」が通用しないなどがあります。
海外では「騙される方が悪い」というビジネス感もありますので、信頼がおける代理店や「日本人が間に入っている」、個人輸入代行などを経由する事をお勧めします。

個人輸入とは?

個人輸入の形態としては、以下のような2形態に分類されます。

1.海外メーカー、小売りから直接注文
本人が直接、現地のメーカーや小売店などへ注文をして、直接商品を購入する方法。

デメリットとしては、本来ならば原価で購入が出来て品質問題が起きにくいと考えられていますが、
実は海外発送について慣れてなかったり、知らない等もあります。
そのため、商品の紛失や故障などが無いとも言い切れません。

2.個人輸入代行などを経由して間接的に商品を注文、支払い
個人輸入においてのデメリットは、

代理手数料が発生するので、その分、コストが上乗せされる。
海外発送に慣れてはいますが、多くの場合が発送までの責任(サービス)となっています。
メーカ等より直接購入するより安い商品の提案や先読みで問題提起をしてくれたりする誠実な代理店もあります。

参考:個人輸入代行の三越屋

他、個人輸入代行を利用する事のメリットでは、
・海外医薬品等は個人輸入であれば面倒な手続きが不要
・商品の消費税が不要
*これらも実は制限等がありますので、良く確認する必要があります。

規約や契約等の確認が必須

全てに言える事ですが、売り手との取引条件について良く確認が必要です。

有名メーカー直送だから商品に問題なく、問題が有っても返品が出来るなどと「勝手に考えてしまう」等がないように契約内容を良く確認をしましょう。
実際はメーカーとは関係がない小売店の倉庫からの配送であったりし、メーカー保証が無いなどもあります。注文サイト内の「規約」で購入者に不利な条件が長々と分かり難く書かれていたりもします。

実際、海外配送ですと送料が大きなコストとなり、返品や交換などの送料負担が買主だったりする場合もあります。

まずは、信頼がおける取引相手なのかを確認する工夫が必要となります。

タイトルとURLをコピーしました