みんなの安心個人輸入用語のまとめ

個人輸入とは

医薬品の個人輸入としては、海外で購入した医薬品を持ち帰るのも個人輸入です。
ネット決済で購入した医薬品を海外からご自宅に届ける方法も個人輸入となります。日本では医薬品の個人輸入はご自身の利用を目的とした場合は許可されています。
商品によっては輸入が制限されているモノもありますのでご注意ください。

個人輸入代行とは

個人輸入代行は個人輸入を代わりに行ってくれる業者を指します。
一般的な個人輸入代行は海外の商品の調達、指定の宛先への発送までをサポートしてくるサービスとなっております。小売業とは異なり商品が到着しなかった場合などは保証はないと考えた方がよいでしょう。商品の問題だったり、配送の問題が発生した場合は、ご自分で対応が必要になります。
ですので、どこまでが代行のサービス内容なのかご確認の上でご利用する事をおススメ委致します。

ジェネリックとは

・ 一般的であること。共通していること。
・ (商標名(ブランド名)ではなく)一般名、又は総称のこと。
・ 新薬の製薬特許の保護期間の終了後に、他社が製造する新薬と同一成分の薬。
  効能、用法、用量も新薬と同じであるが、ジェネリック薬品の製造・販売には開発費がふくまれないため販売価格が安くなる。ジェネリック薬品。後発医薬品。後発薬。

副作用とは

通常は薬の服用、利用による期待した効果とは異なる作用をいう。一般的に副作用とは体に悪影響を及ぼす意味で使用される場合が多いのですが、副作用を主目的な利用として使用する場合もあります。
ED治療薬のバイアグラも「肺動脈性高血圧症の治療薬」として開発されましたが、副作用としてED(勃起不全)が改善するなど、現在では主目的に副作用が選択される場合などもあります。

FDAとは

アメリカ食品医薬品局(英語: Food and Drug Administration、略称: FDA)は、日本の厚生労働所のような位置づけの政府機関(行政機関)の一つです。FDAは食品や医薬品、さらに化粧品、医療機器、動物薬、たばこ、玩具など、消費者が通常の生活を行うに当たって接する機会のある製品について、その許可や違反品の取締りなどの行政を専門的に行う。

製薬特許とは

一般的な製薬特許の理解としては、発見、開発した企業が独占的にその成分や製造方法を使用して製造・販売が出来る権利をさします。
新薬の開発には膨大な期間と費用がかかるため、その研究、開発についやしたコストを保護する目的でも非常に有効であります。

医薬品の特許の種類には、以下の4種類となっています。
・物質特許:新しい化学構造の物質が医薬品に使用できることを発見した際に与えられる
・製法特許:既存の医薬品の新しい製造方法を発見した際に与えられる
・製剤特許:錠剤からカプセル剤など既存の医薬品を新しい製剤によって処方すると有効であることを発見した際に与えられる
・用途特許:既存医薬品の新しい効能や効果を発見した際に与えられる

この特許期間が終了しますと後発薬(ジェネリック)として、同効果の医薬品を安価に製造・販売出来るようにもなります。

タイトルとURLをコピーしました