信頼のおける個人輸入代行の判断方法

より良い医薬品個人輸入の選択の「決め手」

ご紹介致します、 「お薬の通販オンライン」では、処方箋無しで海外医薬品が安価で便利です。

ですが、 「お薬通販オンライン」では医薬品が本当に海外から届くかどうか不安ではないでしょうか?
お薬を通販オンラインでご購入するには、以下の「決め手」を押さえた 「お薬通販オンライン」 サイトをお選びください。

個人輸入代行の4つの決め手
4つの「決め手」
決め手1
決済方法では銀行の個人名義は危険

お薬通販オンライン サイトでのご購入時の支払い先口座が会社名義ならば安全です。
会社名義ならば銀行の厳しい審査をクリアしているので「安心、安全」です。

支払先が「会社名義」:合格
 又は「決済会社名義」でもOK
⇒支払い先が「会社」「決済会社」でもコンプライアンスに配慮した厳しい審査がされています。

支払い先が「個人名義」:要注意
⇒お取引が個人ですと急に連絡がとれなくなる可能性もあります。
三越屋のような運営実績がある、薬の通販オンライン サイトのご利用をお勧めします。

「薬の通販オンライン」では外国人とのコミュニケーションは不要

決め手2
外国人とのコミュニケーションが困難

日本語サイト?窓口は外国人!
三越屋のように通販サイトを確認すれば日本人が運営してることが確認できます。

まず、怪しい外国人による運営ですと使われている日本語が変!
ご注文からお届けまで日本語で完了致し、余計なストレスなくお薬の通販サイトは携帯からでもご注文ができます。

支払い完了したが、商品の配送状況の確認方法が分からない。
システム上でどのように確認したら良いか分からない。
メールで問い合わせしてが返答がない、あっても日本語が意味不明。
電話番号はあるが何度コールしても不通、誰もでない。
そんなの「当たり前だろ!」という日本の常識が通用しない。

こんなご経験、ご心配は無いでしょうか?
一度、信頼のおけるサイトのご購入のフローを確認してみてください

一般的に購入フローはこちら!

薬通販オンライン関連サイトならば30度以下で商品管理

決め手3
お薬は30度以下での管理

お薬は通常、30度以下での保管が必要。

海外から送られてくる医薬商品ですので保管場所にも注意が必要です。
例えば、ジェネリック先進国インドの平均気温/日は35度です。
冷蔵倉庫がある三越屋での薬通サイト購入が品質がGood!

海外から送られてくる医薬品の品質は心配になりますね。
海外発送のデメリットは到着までにお時間が必要なkとです。

ですが、まれに3,4日?で届いてしまう場合もあります。
これは意外と盲点で「早くて良い」ではなく、実際はどこから出荷されたのか?この在庫は温度管理がされていな倉庫で何カ月も在庫として保管されていたのでしょうか?
使用期限は切れてないでしょうか?

安心、安全なのは「冷蔵倉庫」がある三越屋からのご購入です。

「お薬通販オンライン」では配送状況がいつでも確認可能

決め手4
書留郵便で郵便局HPより後追い可能



全国配送無料&郵便局の書留郵便での配送が必須。

後追いが出来ないと「いまどこ?紛失?」の心配は不要。
書留郵便(日本郵便局ホームページ)で配送状況が一目瞭然。
「薬の通販オンライン関連サイトでは安心して海外から商品が発送できます。

通関で何らかの理由で検閲に引っかかった場合は面倒です。
送り先へ連絡がとれない場合は、返送されるか廃棄処分されます。
海外から商品を購入する場合は「後追い機能」は必須ですね。
安いからといって船便などで送ってくる業者には注意が必要ですね。
そもそも、発送をしてないかもしれません。
「お薬通販オンライン」の三越屋では心配は不要です。

後追い追跡ができる配送の「薬の通販オンライン関連サイトから購入しましょう。

「薬の通販オンライン」では FDA機関のお墨付きがあるメーカ製

FDAとは米国で人や動物に対する食品添加物や医薬品などに関する取り締まりを行っている組織となります。
つまり、米国で国民の健康に関わる医薬品ビジネスをするには厳しい基準を持つFDA(Food and Drug Administration:米国食品医薬品局)への申請、登録及び許可が必要になります。
日本でも医薬ビジネスをするためには手続きをするためには、厚生労働省等へ所定の手続きで許可を得る必要があるように、米国でも同様な厳しい基準を設けています。

国民の健康を守るための組織が各国にあり拘束力がある法律(ルール)に則って運営されていますね。

・米国ではFDA(米国食品医薬品局)
・日本では厚生労働省

ですね。

ですので、FDAを守らずに(FDAの許可を得ていない商品(医薬品)を米国へ輸出しようとすると米国税関で通関を拒否されたりします。

FDAの公式サイトによると、「FDAの責務は、医薬品、動物医薬品、生物学的製剤、医療機器、食品、化粧品、電磁波を発する製品の安全性と有効性を保証し、アメリカ国民の健康を守ることである」となっている。

このようなFDAのような機関は世界各国にあり国内外の口に入るモノや身体に使用するものなどで国民が被害を受けないようにしています。
つまり「安全性、有効性を保証」を担保するために事前に手続きが必要になります。
直接、FDAによる工場の立ち入り検査や、厳しい基準をクリアしている品質保証の一つの証明になるのではないでしょうか。
医薬品を選ぶ一つの選択の基準になりますのでジェネリック薬品を選ぶときも値段だけでなく製造元メーカーにも配慮すると良いでしょう。

「FDA」は、 見知らぬ医薬品メーカ製を選ぶ基準としての重要なキーワードになりそうですね。

日本企業でも米国向け商品においてFDAから警告を受ける事が多々あります。
もちろん、インド医薬品企業も輸出や外国で製造販売する場合は同様の扱いを受けているので、
FDAから警告を受けたりする事もありますが日々、改善しながら安全性、品質を高めながら成長しています。

インドのジェネリック製造企業を紹介しています。

個人レベルでもFAD対応が必要

日本国内にも米国に向けてのAmazonやeBayを利用して個人輸出ビジネスする方もいらっしゃいます。
このような個人レベルでも人や動物が口にする商品を扱う場合は、いかに品質の高い日本製品を輸出する場合でも同様にFDAのルールを守る必要があります。

ですが、多くの方はFDAルールを守らず(知らずに)に個人輸出入ビジネスを行っているようです。FDAルールを守らず輸出が出来たとしても一旦、取引相手やビジネス競合者からのクレームがあればFDAへ知られてしまい警告、罰則を受ける危険性があります。

Amazonなどを利用してる場合はアカウント停止なども考えられますので、マーケットプレイスの出品規約などの確認も十分にして下さい。また、場合によってはFDAの認証がない化粧品を使って肌荒れなどのトラブルが発生した場合は、とんでもない賠償請求裁判に発生する可能性もあります。
特に米国は訴訟社会ですからお気をつけてください。


もし、個人レベルのちょっとした輸出ビジネスを進めたいのでしたら、こちらを参考にして下さい。

https://www.jetro.go.jp/ext_images/world/n_america/us/foods/fsma/20170321_3.pdf

個人レベルで米国への輸出ビジネスされている方は米国(FDA)への輸出許可はそんなに難しくないと感じられるかもしれません。
ですので、FDAのお墨付きがあったからと言ってインドのジェネリック薬品が信用できるものではないと感じるもいるかもしれません。

ですが、医薬品を継続的に米国へ輸出商売とする場合とは手続きが全く異なります。
もっと複雑で厳しい許認可が必要になりますので、ご安心ください。

海外で日本製の化粧品などが人気あったりすので、個人でl輸出ビジネスしている人も各国のルールには注意が必要ですね。

FDA対応の信頼のある医薬品企業のジェネリック薬品をご希望でしたら、こちらから。

三越屋│先端医薬品の通販・個人輸入代行
お求めの医薬品が手に入らずお困りではないでしょうか?各種ジェネリック・ED治療薬・ダイエット薬・避妊ピル・AGA薬などコスト管理を徹底しているため、お求めやすい料金で個人輸入代行をいたします。また、三越屋は厳しい判定基準を通過した海外メーカー・サプライヤーと取引をしています。処方箋不要・100%正規品保証・送料無料

TOPに戻る

参考資料:
後発医薬品 – wikipedia
インド – wikipedia
厚生労働省 – wikipedia
関税 – wikipedia
消費税 – wikipedia

タイトルとURLをコピーしました