個人輸入は未来の薬局「三越屋」

スマホで受付-自宅で受取

お薬が欲しい時、必ずしも病院に行かなくても良い時代となりました。

ネットの普及によりスマホやPCで注文しご自宅にお届けされます。

1.海外から通販購入が合法的に可能です。
2.お薬は「成分」が同じならば効果は同じです。


海外ネット通販での購入の難点は到着まで1,2週間必要です。

意外と知られていない日本の処方箋と同じ成分が海外価格で通販購入が出来ます。
製造メーカーが異なっても同じ成分ならば同じ成分が配合され効果は同じものです。
特に後発薬(ジェネリック)がお薦めです。

未来の薬局「三越屋」

上記のようなECサイトは個人輸入代行サービスを行っておりますが、普通の通販サイトと同様にお買い物が出来ます。

通常、海外から医薬品の購入でスト英語など外国語が必要ですが日本人が運営していますので、日本語でご購入ができいます。

お支払いも日本円

薬の個人輸入は安価な海外ジェネリックがお薦め

日本でも近年はジェネリック薬品(安価)が推奨されています。

海外では医療費を全額負担の国も多い事もあり安価なジェネリック薬品が積極的に利用されています。
海外には日本以上に大規模で技術的にも優れている医薬メーカーも多くあります。

医薬品で重要なのはパッケージのデザインなどではなく、効果のある「成分」です。
もちろん、ジェネリックにおいては使用している成分は同じでも、製造方法や錠剤設計などが異なりますが、基本的な効果は同じです。

海外ではジェネリックを専門に扱っているメーカーは先発薬に改良を加え、更に良い製品である場合もあります。
一例としてED治療薬のジェネリックでカマグラシリーズを製造販売しているメーカがあります。(参照:ジェネリックは海外大手製薬会社製で通販購入

日本では同じ成分・効果で高品質や低価格ですが安価な海外ジェネリックが病院では処方される事は殆どありません。
まずは、国内の医薬品から処方される事になります。
また、費用面では診察料、調剤費用など、病院に行く交通費や時間をもコストに換算すると大きな出費になるでしょう。

海外医薬品メーカランキング

世界の医薬メーカの売上規模でいうと日本の医薬メーカは決して大きくなりません。

例えば、世界ランキング1位の、
ファイザー製薬はED治療薬のバイアグラでも有名ですが、1994年に世界初の抗生物質ペニシリンの大量生産に成功し不動の1位を継続しています。

ロシュ製薬は第2位(2018年)で「ゼニカル」というダイエット薬(油を排出する)を製造販売。

ノバルティス(スイス)は第3位(2018年)こちらも個人輸入では「肩こり等」に効く薬としては「シルダルード」などもあります。

世界第5位のMSD社でいえば、AGA(薄毛)治療の「プロスカー」や「プロペシア」等も製造販売しています。

このように大手製薬会社製の医薬品も個人輸入で安価に購入ができます。

また、ジェネリックを専門に扱っている企業などは薄利多売の傾向があるので、上記企業ほどではありませんが「カマグラゴールド」を生産しているインドの「アジャンタファーマ社」なども株式上場をもしており時価総額が1500憶円以上の規模もあります。

また、インドでの1位はサンファーマ社は日本にも支社もあり医薬品で比較的認知されている胃炎治療などで利用されるガスタージェネリックなどもあります。

このように海外の医薬メーカでも、日本メーカに劣るものでもありません。
安価に購入が出来るのに避ける理由がないのではないでしょうか。

お薬でも個人輸入は合法ですよ

海外から医薬品を輸入というと、何か悪い事でもしているように感じるかもしれません。
実際、海外ドラッグというと違法な麻薬的なモノを想像されるからでしょう。
海外で合法なドラッグが実は日本国内では違法だったりしますが、ここで言う「お薬の個人輸入」というのは、普通のお薬の事を指しています。

一般的な海外のお薬は個人輸入ならば手続き不要で通販購入が出来ます。

薬の個人輸入が合法で有り続ける背景には、例えば希少病(きしょうびょう)の治療において国内に薬が無いが海外にはお薬がある場合があります。また、生命に関わる病気だが薬が非常に高価な場合なども海外の安価な医薬品が選択肢とできます。

人道的な観点からも海外からお薬入手が認められています。
もちろん個人利用が原則です。(不正に輸入し、再販売は違法です。)

詳しく知りたい人は医薬品を管轄している厚労省のホームページを参考にしてみてください。
少々分かり難い書き方をされていますが、個人利用で1ヵ月の使用量であれば消費税もかからず輸入が出来ます。

三越屋でしたら全ての問題をクリアした個人輸入代行業者です。

タイトルとURLをコピーしました